ぶりの卵との奮闘記。

4月 11, 2021 | FEATURE, FOOD, PICKUP, やってみた-TRY-

 

私はどうも珍味が好きである。

 

ある人からはゲテモノと呼ばれるものになぜか惹かれる。

ホルモン大好き、白子も大好き、焼き魚のなんかあのぐちゃぐちゃしたとことか、肉の脂身とか…

ブヨブヨとか食感が不思議なものに惹かれるのだろうか。

ただ時にはタイ旅行でサソリを食べるなどと言う奇行に走ることもあった。(詳しくはいつか)

自分でもわけわかめである。

ある日、ちょっと贅沢したくて足を伸ばした百貨店の鮮魚売り場で目を釘付けにされた。

 

 

これである。

ぶりの“卵”である。

 

なんというグロテスク、いや、素敵な見栄えだろう。

魚卵に目がない自分にとっては、それはまるで“金の卵”に見えた。

美味しそうなブリの切り身が並んでいる棚の一番奥に不気味に鎮座する、

たった1パック残されたそれに吸い込まれるように手に取った。

 

ずっしりと重い、そしてデカい。

 

一体こんなデカい卵、どんなブリの中に入ってたんだよ…

魚屋のお兄ちゃん「あー、大体20kgくらいっすよ、天然の。」

どうやって食べればいいんだ…

魚屋のお兄ちゃん「煮付けじゃないすかねぇ?うん」

20kgの母体から取れた卵の煮付け、1人で食べ切れるだろうか…

こんな量食ったらさすがに痛風とか云々とか…

この前血液検査で尿酸値ちょっと高い言われたやんけ…

と鮮魚コーナーのど真ん中でずっしりと重いこの塊を片手に、最後の一歩がなかなか踏み出せない優柔不断な坊主の背中をそっと一押しするものが目に入った。

 

 

半額

買った。

 

調理開始

 

という長い前置きはさておき、

早速本題の調理に入っていきます。

色々調べた結果、これは卵と言っても一般的な白子ではなく、“真子“と呼ばれる卵巣にあたるものなのだそう。

 

白子・真子(魚卵)を美味しく食べよう/釣り船 新潟 上越 能生漁港 こうゆう丸

 

魚よし(元住吉)の楽屋(がくや)にようこそ!! ブリの卵と鯛の卵ってどうやってたべたらいいのですか?って御質問。ごもっともー!!

 

煮て食べることが一般的ということと、“通な人“が好んで食べる部位らしいことが判明。

 

「わい、通な人なんや」

 

 

レシピはこちらのクックパッドで紹介されていたものを参考にしました。

 

簡単!うまぁ-い♡ ブリの卵の煮つけ。* by mikiot

 

調味料は

 

  • 生姜
  • 醤油
  • みりん

 

量は全て適量(a.k.a. 大量)です。

 

 

なんてったって

 

 

重い。(2回目)

どうやらこの表面を無数に這い回っている血管を処理しないと、生臭さが抜けないらしいので、一本一本、丁寧に爪楊枝でプスプスと刺していきます。

こうすることで中の血を抜き、匂いが抜けるそう。

なんですが、この作業、

 

めっちゃダルい。

 

コツを掴むまでが時間がかかり、刺しても刺しても何も出てこないどころか、身が崩れ始めるという始末。

そんな自分を見かねて

強力な助っ人(母親)登場で、ただ刺すだけではなく、そこから血管に沿って爪楊枝を走らせると綺麗に血が抜けることができました。

 

 

そしてこれを輪切りに切っていきます。

 

 

こちらが断面。

ぅわお、グロい、美味しそう!

切った卵を沸騰したお湯に投入。

 

 

さっと湯通しした後に、ザルにあげて水で締めます。

 

 

思いのほか、身は崩れることなく皮にしっかりとくっついていて

綺麗にぱあっとお花のように開きます。満開。

ちなみにこの日の桜はほんとに満開で綺麗でした。(やかましいわ)

 

 

調味料を生姜と一緒に煮ていきます。

生臭さをなんとしても避けたかったため、

鬼の形相でお玉に、醤油酒みりんを大量に投入。

 

 

そこに先程の卵を投入。

あとはいい感じに色がついて、味が染み込むまで約10分ほど煮込みます。

 

 
 

実食

 

そして出来上がったのがこちら。

 

 

出会った時の脳ミソ感がすっかりなくなり、いい飴色に染め上がった素敵な仕上がりになりました。

 

一口食べてみると、

ホルモン − 脂 + プチプチ感

な食感が口中に広がりました。

 

コリコリとした皮にしっかりとついた身はまるで焼き肉のホルモンのようで、

それでいて噛み切りにくいと言うわけでもなく、

口の中でたくさんの卵たちがまるで“手榴弾“のようにプチプチと炸裂します。

懸念していた生臭さも全く感じることがありませんでした。

ですが、おそらく湯通ししすぎたせいか若干のパサつきが残ってしまったのが非常に残念。

魚卵特有の味というような個性がないため、調味料の工夫次第ではいくらでも好みの味にすることができる可能性を感じます。(要するに味ない。)

ここまで美味しいという言葉を使っていないのにはワケがあります。

 

 

はっきりと言います。

これは、好き嫌い分かれます。

 

僕は好きです。食感が特に好み。

「まーた調味料の無駄遣いをしおって」

と母に奇天烈人間のような蔑視をされながら、

アサヒ ドライゼロ と共に庭にひらひらと舞う桜の花びらを眺めながら、堪能しました。

(いや、ノンアルかいっ)

儚く散っていく桜を見ながら、満開に開いた桜のようなブリの卵を口の中でプチプチと爆散させる。

ごっそり持っていかれる口の中の水分を、ノンアルビールで潤わす。

世にも奇妙な春の楽しみ方の一つを見つけられた気がしました。

一体全体誰がこれを見て役に立ったと思うかは書いている本人もとても謎ですが、

少なくとも「ブリ 卵」とかでGoogle検索した人の目に止まって、

なんかしらの参考にでもなれば幸いです。

試してみる価値は大いにあります。

ただ絶品かと言われれば、それは(以下略

 

追伸

どうやらカラスミにするともっと美味しいみたいです。

パスタとかの調味料にもいいのだそう。

くっそ面倒くさそうだけど。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい